少年野球の全国大会で「キャッチボールクラシック」という競技に出会いました

ポップアスリートカップ前田さんポップ係長

先日、ポップアスリートカップという少年野球の全国大会に行ってきました。

NPO法人がやってる無料で参加できる大会なんですが、そこの開幕式の余興でキャッチボールクラシックというものを行ってました。

みなさんキャッチボールクラシックって知ってますか??

ちなみに、最初の写真に写っているのがポップ係長こと前田さんです。

キャッチボールクラシックとは?

7m離れたチームメイトにボールを投げ、2分間の間にどれだけ回数をこなせるかを競う競技だそうです。

キャッチボールクラシックのルール

キャッチボールクラシックのルール

2分間、集中してスナップスローで投げるのって結構大変そうで、見ていてとても面白そうでしたし、正確さを極める練習にもなりそうでした。

全国記録は小学生で116回、中学生で139回だそうです。

機会あればクーニンズでもやってみたいと思います。

キャッチボールクラシック

公式審査員がいないとラインを出たか否かの判定ができないですが・・・(かなりシビアに判定していました)

興味もったチームの方は是非やってみてください~★

関連リンク

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *