殖栗トレーナーの球速150キロプログラム

注意することは

  1. TIPSとして捉えるのではなく、パフォーマンス向上を構造的・体系的に捉え、原理原則を理解・認識する。
  2. 何のためのトレーニングなのかを事前に把握
  3. 既存の感覚受容器・呼吸法のチェック
  4. それらの強化
  5. フィジカルの強化
  6. スキルの強化
  7. 感覚統合

殖栗ブログもチェック!
https://ameblo.jp/b-t-tenkahubu-3188/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *